カルバトールはてんかん治療に使用されるお薬で、テグレトールのジェネリック医薬品となりますが、この薬は厚労省の認可がおりておらず、先発医薬品のテグレトールは認可されています。少しでも早く認可されて安く買いたいですよね。

発作性のてんかん痙攣はカルバトールで予防

ジェネリック医薬品カルバトールは、部分発作に対して効果的に作用する、抗てんかん薬です。有効成分のカルバマゼピンが脳神経の過剰な電気的興奮を抑え、痙攣などの発作性のてんかんを予防する働きがあります。
カルバトールの主成分、カルバマゼピンは、部分発作の第一選択薬として使用され、広く利用されています。部分発作は、脳の一部の神経が電気的に興奮する発作性のてんかんです。症状としては、急に表情がボーッとなったり、ふらつき、口をモグモグさせるといった特徴があり、時には意識がある状態で痙攣を引き起こすこともあります。
また部分発作から脳の興奮が全体に広がり、意識が消失して発作性痙攣を引き起こす、全般発作に発展することもあります。カルバトールを服用することで、そのような二次的な痙攣発作も予防していくことができます。
てんかん薬は症状によって服用量を変えていきますが、カルバトールも効果が出るまで少しずつ量を増やしながら服用していきます。服用することで眠気、倦怠感、などが現れることがあるので車の運転などは注意が必要です。
また用法、用量を守らずに服用すると、肝機能障害や、心不全、アナフィラキシーショックなどの副作用が出ることがあるので、使用の際は医師に相談し、適切に服用していくことが求められます。自己判断で2回分の量を1度に飲んでしまったり、症状が出なくなったからとといって、量を減らしたり、止めてしまったりすると、症状が悪化することもあるので気を付けましょう。用法を守っていけば安全に利用できる薬です。
カルバトールは、病院で処方されている発作性のてんかん薬と、同じ主成分のカルバマゼピンが含有されています。ゆえに安全性、有効性の面でも信頼のおける抗てんかん薬となっています。